電気ストーブは暖かい?ガスや石油と比較して一番のお勧めは?

スポンサードリンク




冬の寒い季節には、部屋を暖めるのに暖房機器が必要となります。

ちょっと部屋で夜更かしや受験勉強をする時には、ポータブルストーブが重宝ですね。

でもストーブを購入しようと思っても、電気、ガス、石油などのうち、どれが一番良いのか迷ってしまいます。

快適な環境にはどのストーブが良いのか比較してみました。

電気ストーブは暖かい?電気代は?


電気ストーブは、ガスや石油などの燃料に代わり、電気を熱エネルギーに変換して放散させて利用するストーブです。

主として赤外線を放射する輻射式、温風を吹き出す温風式、空気を暖めて対流させる対流式があり、基本的に部屋全体ではなく部分的に暖めるのに向いています。

ガスや石油ストーブと比べると、ちょっと寒いイメージですね。

比較的小さい部屋や、足元を暖めるにはちょうど良いでしょう。

電気ストーブの暖房の強さには、500W、1000W、1200Wなど数種類あり、強さによって電気代も変わってきます。

各地域の電力会社の電気料金で違いがあります。

仮に1kwh=20円で計算すると

500W:1時間10円・5時間50円・10時間100円
1000W:1時間20円・5時間100円・10時間200円
1200W:1時間24円・5時間120円・10時間240円

になります。

ストーブなら電気・ガス・石油の利点と欠点

●電気ストーブの利点と欠点

(利点)暖まるのが早い・機器代金が安い・空気がクリーン・臭いがない
(欠点)電気代が高い・部分的な暖房になる・停電時は使用不可・コンセントが無いと使えない

●ガスストーブの利点と欠点

(利点)暖まるのが早い・部屋全体が暖まる・燃料を補給しなくてもよい・嫌な臭いがしない
(欠点)設置費がかかる・どこの部屋でも使えない・定期的に換気が必要・停電時は使用不可

●石油ストーブの利点と欠点

(利点)部屋全体が暖まる・停電時にも使用可・電気より安い・上にヤカンが置ける・コンセントがいらない
(欠点)灯油の補給や購入が必要・定期的に換気が必要・灯油の臭いがする


スポンサードリンク

一番暖かいストーブは電気?ガス?石油?


どのようなストーブを選ぶかは、使う目的によってどれが良いかが変わります。

単純に暖かさだけを考えると、ガスストーブ、石油ストーブ、電気ストーブの順番になります。

電気は部屋全体ではなく部分的な暖房になりますので、ひざ下が暖かくても背中が寒いこともあるでしょう。

電気と比べて、ガスや石油になると部屋全体が暖まります。

燃料費は安いほうから、石油、ガス、電気の順番になります。

暖かさと燃料費を合わせたコストでは、石油、ガス、電気の順で灯油とガスの差は微量ですが、電気だけは2倍くらいの金額差があります。

子供部屋などの比較的小さな部屋を暖めるには、石油かガスかという選択になると思います。

ただし、ガスはガスが供給されている地域しか使えず、ガス管などの設置工事が必要になり、好きな場所へ置くことはできません。

総合的にみると燃料の定期的な補給が苦にならなければ、一番のおすすめは石油ストーブです。

まとめ

快適な暖房環境をつくるには、部屋の一部を暖めないで全体の暖房を考えた方が良いでしょう。

ひざ下だけを暖めて、他が寒くて風邪でも引いたら大変です。

石油ストーブにヤカンを載せながら部屋を加湿して、受験勉強や夜更かしに備えましょう。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事(一部広告含む)

合わせて読みたい記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする