エアコンの暖房と加湿器の位置関係は?真下は有り?設定温度は何度?


「最近、エアコンの暖房の利きが悪いわ」そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのことをお店に相談したところ加湿器との併用をすすめられた。

でも、実際どのように使えば効果的に効きがよくなるのかとお悩みのそこのあなた!!

今回はそんなお悩みを解決していきましょう。

スポンサードリンク

エアコン暖房効果は加湿器の位置でこんなに違う

まず、なぜ加湿器との併用をすすめられたのでしょうか。

実は、エアコンは空気を乾燥させてしまうため、加湿器との併用が推奨されているのです。

加湿をすることでウイルス対策乾燥予防だけではなく体感温度を上げてくれるという一石二鳥なアイテムなのです。

では、部屋のどこに置くのが効果的なのでしょうか。

まずは加湿器を置いてはいけない場所があります。

・窓や壁、天井に近い場所
窓や壁、天井に蒸気をあててしまうと結露やカビの発生につながってしまいます。

・家電製品、木製の家具の近く
蒸気があたると、故障や劣化の原因になります。

・換気扇のそば、ドアの横
蒸気を含んだ空気が室外に出て行ってしまうため加湿になりません。

・エアコンの風が直接当たる場所
エアコンの風が直接あたると、加湿器についている温度感知センサーが誤作動を起こすかもしれないからです。

では、ベストな場所は?

加湿器を置く最適な場所は、部屋の真ん中になります。

部屋の真ん中はエアコンから出てくる暖かい空気が流れています。

その流れに蒸気をのせて部屋中に効果的に拡散することができます。

エアコン暖房の真下が意外と知られていないベストポジション!


ただし、部屋の真ん中に置くと見た目にも邪魔ですよね。

もうひとつ、適している場所があります。

それが、エアコンの真下です。

エアコンはだいたい窓の上に設置されています。

窓の近くはNGではありますがエアコンが作動しているときに限っては、エアコンの下に置くことが可能になります。

ただし注意してほしいのが、エアコンが動いているときのみ加湿器をつけるということ。

エアコンが動いていない時に加湿器を動かすとエアコンの故障につながってしまうからです。


スポンサードリンク

エアコン暖房の設定温度は何度が最適か?


最適な設定温度は20度と言われています。

設定温度20度と聞くと「ちょっとさむいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、エアコンの設定温度を1度下げると10%の節電効果につながるのです。

そこに加湿器をプラスすることで、より体感温度もあがるので20度でも寒くありませんよ。

まとめ

最後に、快適な室温を保ちながらなおかつ節電もできるエアコンと加湿器の併用を今後活用していきましょう。

そしてこの寒い冬を乗り切りましょう!!

スポンサードリンク