年末に大掃除をする意味とリスト計画表で運気アップ断捨離でスッキリ!


年末は、一年のうちで最も気ぜわしい時期です。新しい年を迎えるために、日頃は後回しにしていた用事を片付けたり、職場でも、普段はしなくてもいいような雑用をやらされたり、年越しそばや、お正月料理の準備もしなければならないしと、考えるだけで目が回りそうになります。

中でもため息が出る程わずらわしいと思うのは、年末に行う大掃除です。一体なぜ、誰もがいそがしい年末の時期に、家じゅうをひっくり返して掃除をしなければいけないのでしょうか。そんな大掃除の歴史と隠された秘密をひもといてみましょう。

スポンサードリンク

年末の大掃除は意味がある!いつまでなら縁起がいい?

そもそも大掃除とは、平安時代から神社で行われていた、すす払いという行事が原点だと言われています。

神社のすす払いは、旧暦の12月13日に行われていた年中行事で、家のすす(ほこり)を払うことで、お正月に年神さまをお迎えするという、掃除だけでなく、お清めをする意味があるそうです。お正月準備のはじめとも言われています。

大掃除が一般の人に広まったのは江戸時代からだそうで、その頃には冬の寒さや重労働をねぎらって、参加した人には皆、滋養強壮と長寿を祈願してクジラ汁をふるまう習慣が全国に広まり、また掃除が終わった後は、家の主人を始め、誰彼構わず胴上げを行ったそうです。

あのプロ野球の優勝後に行う胴上げのルーツだったのでしょうか。

年末というのは、一般的には12月29日から31日の大みそかまでで、大掃除はその期間内に行う事になります。

とはいえこの時期は、年の瀬も押し迫ったあわただしい日にちになりますから、もう少し早くから大掃除を始めてもよいと思います。

神社のすす払いにちなんで、12月13日には、こまごまと手間のかかる、神棚やお仏壇の掃除を済ませておくのもいいかもしれません。あわてず、ゆっくりと、きれいにピカピカに仕上げれば、縁起のいいことは間違いないでしょう。

年末大掃除のリストで順番に計画表にしよう!


効率よく大掃除を行うには、まずリスト表を作成し、掃除が必要な場所を記入していきます。要領よく作業をするなら、手間のかかる場所から順に、掃除をしていきます。

家の間取り図を簡単に書き、それを見ながら、掃除を始める順番にリスト表に記入していきます。例えば、まずは手間のかかる神棚やお仏壇から。

次に汚れのつきやすい台所、次は浴室、トイレ、玄関、その後で各部屋の掃除、というように、汚れのひどいところから順に行うと良いでしょう。

スポンサードリンク

それから、出来上がったリスト表をもとにスケジュール表を作ります。

何日にどこを掃除するかを日付けごとに記入します。カレンダーに直接記入してもOKです。作業が終了するごとにチェックを記入すれば、作業状況が一目でわかるので、大変重宝しますよ。

大掃除で運気アップ年末から開運まっしぐら!


年末の大掃除は、一年で家の中にたまった邪気をふり払うという、風水的にも重要な行事だそうです。また、家の中がきれいに美しくなると、心も清らかになります。

大掃除成功のコツは、まず、いらないものを捨てることです。掃除をする前に、不要なものとそうでないものとに、きちんと仕分けを行いましょう。古い化粧品など、まだ使えるからととっておいたものや、捨てようかと迷って放置していた思い出の品などを、この機会に、思い切って処分してしまいましょう。

必要のないものをいさぎよく捨て去って、物に対して無駄な執着を断ち切る、いわゆる「断舎離」は、身の回りを整理し、シンプルな生活を実現することで、自分にとって本当に必要なものは何かを、明らかにするというもので、未来をあかるくして、運気を高めるのに不可欠な行為だといえます。

大掃除でさらなる開運を目指すなら、家の中を徹底的にきれいにして、たまった邪気をすっかり払い落とすことです。

それなら、思い切ってハウスキーピングを注文するのも良いでしょう。細かい汚れが落ちにくい、エアコンの清掃や、重労働で骨が折れる浴室やトイレ、台所回りの掃除など、気になる部分だけお願いすることもできますし、プロに任せれば、信じられないほどピカピカになって、新年に向けて、開運間違いなしです。

年末の大掃除は江戸時代から続く大切な年中行事のまとめ

現代のように、情報科学技術が発展した時代でも、世の中には、常識では考えられないような不思議な事件がたびたび起こります。

大掃除は、新しい年に、神様を家にお迎えするための大切な行事です。

お掃除ロボットはとても便利で賢い機械ですが、決して万能ではありません。ですから年末には、手間ひまをかけて家をきれいにし、新年も健やかに過ごすことができますよう、しっかりと運気を上昇させておきましょう。きっと良いことがあると思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする